辛い悩みは心の専門医に相談

うつ病と診断されたら│病気について知り今後に備える

心に与える症状とは

人形とパズル

うつ病の症状は心に起きてしまいます。意欲の低下や気分障害、抑うつ状態などの症状がある人はうつ病と診断されることが多いため、これらの症状が起きているという人は病院で医師に相談しましょう。

もっと読む

うつ病は心だけではない

ドクター

うつ病を発症してしまうと、身体にも影響がでてしまい日常生活に影響がでます。睡眠時間や食欲不振、過食やずっと倦怠感が続いている人は、うつ病と診断されることが多いです。

もっと読む

うつ病を把握する

看護師

最近ではうつ病を発症する人が多く、身近な人にも発症している人がいるかもしれません。うつ病と診断される人は、心のエネルギーを少しずつ失っている状態です。勉強や仕事、生活の中でミスをした場合、落ち込んでしまうでしょう。落ち込んだ状態から反省をして、気持ちを切り替えていくのが普通です。ですが、うつ病と診断された人は、気持ちを切り替えることができないのでずっと落ち込んでしまうでしょう。人によって気にしすぎることもあり、自分がうつ病を発症していることに気づかない場合が多いです。そのため、ほとんどの人が見逃してしまい、どんどん悪化して体調を崩してから気づくことになります。この病気の怖い所は、自分だけでなく周りも気づかないため早期治療ができないことです。また、この病気に対して知らない人が多いからです。「心が弱いせいで発症した」「考えが甘い」という意見が多いですが、心のエネルギーがない状態では何もできないのです。何もできない状態で、無理に行動しようとすると、かえって悪化してしまうでしょう。ですから、うつ病と診断された人が近くにいれば、これ以上悪化させないように気をつけてください。うつ病を発症している可能性がある人も、無理しないようにして医師に相談することが重要です。

うつ病と診断された人は多いですが、発症してしまう原因は解明されていません。セロトニンやノルアドレナリンという神経伝達物質の不足、副腎皮質からコルチゾールという成分が多く分泌されてしまうなどが関係しています。ですが、何故このような状態になったのかは、はっきりとしていないのです。仕事や人間関係のストレスや、職場の環境が変化することによるストレスが引き起こす可能性が高いです。何にストレスを感じてしまうのか自覚して、それを解消できるようにすれば防止できます。ストレスを自覚することは、うつ病と診断された際に役立ちます。ストレスを溜めた原因が分かれば、それを遠ざけることで徐々に改善できるのです。この病気を発症しないためには、病気に関する知識を身につけることです。どのような症状が起こるのか知っておけば、自分が発症しているか簡単にチェックできます。また、家族や友人、職場の同僚にうつ病の症状が当てはまる人がいれば早めの治療を受けられるでしょう。自分には関係ない病気だと思わずに、情報を集めて備えておく必要があります。

ストレスが原因

頭を抱える人

ストレスを抱え込んでしまうと、それが原因でうつ病と診断されてしまうのです。仕事や勉強によって生じる社会的ストレスや、人間関係が上手くいかずに自分の気持ちを溜めこんでしまう心理的ストレスが関係しています。

もっと読む

すぐに回復はしない

医師と患者

うつ病の治療には時間がかかるため、病気と診断されたら仕事を休んで長い休息が必要になります。徐々に回復していきますが、服用を止めたり職場に戻ったりすると再発する可能性があるので注意してください。

もっと読む

周りが支えないと

ハートを持つレディ

うつ病と診断された人は、家族のサポートが必要ですから家族が支えてあげることで治療が行えます。うつ病と診断された人に行なってはいけない禁止事項があるので注意してください。

もっと読む

このエントリーをはてなブックマークに追加