女の人

うつ病と診断されたら│病気について知り今後に備える

周りが支えないと

ハートを持つレディ

家族にうつ病と診断された人がいる場合は、うつ病を治療できるように家族がサポートします。多くの人が早く治療できるようにと思い、間違ったサポートをしがちです。それを避けるためにも、何をしてはいけないのか把握しておきましょう。うつ病と診断された人に、頑張ってと励ますのは禁止です。頑張りたくても、心のエネルギーがないので頑張りたくてもできません。それを家族に言われてしまうと、プレッシャーを感じてしまい悪化してしまうでしょう。また、仕事を頑張った結果うつ病になってしまったのに、頑張れと励まされると苦痛に感じます。他には、何故うつ病になってしまったのか原因を探そうとすることです。原因を聞かれても上手く答えられません。力になりたい気持ちはあっても、無理に問いたださずに今後の治療について考えましょう。次に気晴らしのために、どこかに誘うことも危ないです。興味関心が薄れているため、どこにいっても気晴らしにはなりません。それだけでなく、家族に気を使わせていると思い込んで、無理に出かけようとします。相手のことを考えてしまい、精神的にも体力的にも大きな負担をかけることになるのです。これらのことに注意して、治療をサポートすれば問題が起こる可能性は低いです。

うつ病を発症した家族を支えるために、急性期の時期は一緒に通院するようにしましょう。面識のない医師と二人では、うつ病を発症した人は医師に正確な状態を伝えることができません。家族が一緒にいれば、多少心にも余裕ができるのでコミュニケーションも捗るはずです。また、家族から見た状態も医師に伝えることが大切です。他にも抗うつ剤の効果が現れているかも、家族からの視点でチェックすることが必要になります。回復期になると、もう治ったと思い焦る時期です。家族の人は、無理しないように注意して医師に相談するようにしてください。急性期と比較して症状が落ち着いてきているのか、抗うつ剤の服用を続けるよう促すなどのサポートが必要です。この時に注意してほしいことは、長期的なサポートに疲れて諦めてしまうことです。急性期と回復期は期間が長く、人によっては1年以上改善しない場合もあります。それに疲れてしまい、サポートを投げ出す人も多いです。また、これが原因で家族もうつ病と診断される可能性が高いです。医師に相談したり、他の人に悩みを打ち明けたりしてストレスを解消してください。うつ病の治療には、周りのサポートが必要になりますから途中で投げ出さないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加