女の人

うつ病と診断されたら│病気について知り今後に備える

ストレスが原因

頭を抱える人

うつ病と診断される人は、様々なことが原因でストレスを抱えてしまいます。診断された人は自分がどのようなストレスを抱えているのか、正確に把握しないといけません。そのためには、どのようなことが原因でストレスが発生するのか知っておきましょう。会社や学校などで発生するストレスは、社会的ストレスといいます。責任のある仕事をしている人や、受験が近づいてプレッシャーを感じている人に多いストレスです。真面目な人ほど溜まりやすいストレスで、何とかしないといけないと自分を追い込んでしまうでしょう。それがどんどん積み重なっていくと、うつ病を発症してしまう可能性が高いです。他には心理的ストレスという種類があって、自分の感情によって起こるストレスです。仕事でミスをして挫折をしたり、将来のことを考えて不安になったりすると心に負担をかけてしまいます。他にも、家族や友人との別れや喪失も大きく関係するのです。そのショックから立ち直ることができず、負担がかかることによって心理的ストレスが溜まります。それ以外には、自分の気持ちや思っていることを相手に伝えられないことも影響しています。周りに自分の考えを伝えられずに、それを抑制することも危険です。仕事や学校の悩みは親しい人に相談したり、カウンセラーを利用したりして心の負担を軽減する必要があります。

うつ病と診断されるのは大人だけでなく、小学生もうつ病を発症します。学校でいじめられていて、親に迷惑をかけたくないから我慢している小学生がいました。誰にも相談できずに、先生にいうといじめがエスカレートすると思いずっと我慢していたのです。どんどん追い詰められてしまい、部屋からでなくなってひきこもりました。親が病院に連れていき、医師にうつ病と診断されるケースがあります。子供がこの病気を発症する原因の75%が、学校や友達との問題です。他にも何度も引っ越しをして転校したり、両親が離婚したりすることも関係しています。小さい子供でも、ストレスを感じてうつ病になってしまいますから、子供がいる家庭は常に子供の状態を確認しないといけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加