女の人

うつ病と診断されたら│病気について知り今後に備える

すぐに回復はしない

医師と患者

うつ病の治療は短期間では終わらず、時間をかけてゆっくりと行ないます。回復したと思ったらまた悪化した診断されることも多く、すぐに良くなることはありません。医師にうつ病と診断されて治療を開始し、治療を開始したばかりの期間を急性期といいます。急性期には、仕事や学校を休むようにして十分な休息を取ることが大切です。抗うつ剤を服用して、医師が様子を見て抗うつ剤の量を少しずつ増やしていきます。薬の効果はすぐに現れませんから、効果がないことに焦らないように注意してください。急性期はうつ病と診断されて治療を始めて、約3ヶ月で症状が和らいでいくことが多いです。人によっては半年程かかる場合があります。改善された場合は、今まで感じていた不安やストレスが軽減したり、生活に興味を持ち楽しむ余裕がでたりします。

急性期が終わった後は、回復期といい少しずつ調子が良くなる状態です。回復期に多いのが、もう完治したと思い抗うつ剤の服用を止めてしまうことです。実際には完治した訳ではなく、服用を止めてしまうと再発する危険性があります。また、仕事をしないと焦ってしまい職場復帰をする人も多いです。医師がまだ完治していないと判断した状態では、発症する前と同じように働くことはできません。この時期は改善と悪化を繰り返しがちですから、調子が良くなっても無理はしないでください。回復期に大切なことは、うつ病と診断された人の考え方を改善するのです。完治しても、また同じことが原因で再発してしまうでしょう。それでは意味がないため、仕事や人間関係について考え直したり、ストレスとの向き合い方を見つめ直したりしてください。

治療を行なって、1年以上経って回復した後は再発予防期に入ります。この時期にも薬物治療を続ける必要があり、途中で止めたり飲み忘れてしまうことに注意してください。職場にも復帰できますが、以前と同じような仕事量ではなく慣れるまでは仕事量を調節しましょう。この時に気をつけないといけないことは、再発する可能性があるので職場の人にも協力をお願いします。ストレスを感じていないか、眠れなくなって疲労が溜まっていないかチェックしてもらうことが重要です。うつ病の初期症状があれば、周りに教えてもらいすぐに医師に相談すれば問題ありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加